家の印象を決める外壁塗装の色は慎重になった方が良いでしょう

街の風景

外壁塗装をするときの色選びで気を付けたい事

外壁塗装をする際には、やはり色にこだわりたいと思われる方も多いのではないでしょうか。見た目というのも家の印象を決めるとても大切なものになりますし、色で悩む事は悪い事ではありません。ただ、この色選びで失敗をしてしまう方もいます。皆さんがそうならないように、これから外壁塗装の色選びに関してアドバイスをしたいと思います。
基本的に色が原色のようなものだと、緊張感が強くなる傾向にあります。周りの自然色と馴染まないためです。なので落ち着きたいと思っている方は、色も落ち着いたものにした方が良いと考えられます。また、周りに木などの緑があるという場合には、その緑よりも濃い色にする事もおすすめできません。なぜなら、家の方が色が濃いとせっかくの植物の色が目立たなくなってしまうためです。またこの色が良いかなと思っても、仕上がりがイメージと違ったなんていう事もよくあります。光の当たり具合などによっても色の印象はかなり変化しますので、それも考慮していかないといけません。しっかりとサンプルを確認したり、業者と相談をしていく事が大切になります。
外壁塗装の色をお考えになる時には、是非上記の色に関するアドバイスを思い出してみてください。

外壁塗装の色は慎重に決めましょう

外壁の色というのは、その家の印象を決めるものですからとても大事です。外壁塗装をなさる際には、色選びに関してもできるだけ慎重になった方が良いと言えるでしょう。例えば、色には好みというものがあるかもしれませんが、それだけではなく色の明るさというのも見落としがちですが非常に大切なポイントです。色が暗過ぎると、周囲に威圧感を与えるような印象になってしまいます。また逆に明る過ぎるとなんだか浮いてしまったりもします。周りの家とあわせるという事も、少し頭においておいた方が良いかもしれません。また城や黒などのはっきりとした色はかなり汚れなどが目立ってきます。さらに鮮やかな色は色あせをしたり変色しやすいという難点がある事も覚えておくようになさってください。
またさらに一つ注意をして欲しいのが、サンプルなどの小さいもので色を確認した時にはそこまで明るく感じなかったのに、いざ外壁塗装をしてみたらとても明るく感じるという事がよくあります。これは面接効果といい、小さな面積と大きな面積では明るさが変わってくるという事をさします。外壁塗装を行う際は大きくなった時にもっと明るくなるという事を予想して、色の明るさの決定は行うようにしましょう。

外壁塗装の塗料のあれこれ

外壁塗装に使われる塗料というのは一つではありません。複数あり、そしてそれぞれの塗料が全く違った特徴を持っています。例えば遮熱性の高いもの、環境に優しいもの、価格が高いものに安いものなど塗料の種類は多岐にわたります。そして遮熱性の高いもののように少し特殊な効果を持つものは、やはり塗料の価格や外壁塗料の料金も高くなります。中には外壁塗装の料金が100万円を超えるケースもありますから、よほどその効果を求めているということでなければ、ウレタン系の塗料またはシリコン系の塗料を使うと良いでしょう。
ウレタン系の塗料やシリコン系の塗料というのは、特殊な効果はないもののしっかりと外壁を防御してくれて価格も比較的リーズナブルな塗料になります。そのため、基本的には外壁塗装の塗料としてはこの二つが主流だと言えるでしょう。このウレタン系の塗料とシリコン系の塗料にも多少の違いがあり、一つはかかる料金の違い、そしてもう一つは耐久年数の長さの違いです。この二つを考慮した上で、きちんと自分にあっている方に決めましょう。
この塗料に関するあれこれを知っていれば、失敗をしない塗料選び及び外壁塗装を行うことができると考えられます。


外壁塗装は自力で行うには少々難易度が高いですよね。もし外壁塗装をしたいのでしたら業者に依頼するのがいいでしょう。東京には外壁塗装の業者があります。なかでも、外壁塗装の業者を東京で選ぶならこちらがおすすめとなっていますので、検討している方は一度チェックしておきましょう。

TOP