家の印象を決める外壁塗装の色は慎重になった方が良いでしょう

街の風景

外壁塗装をする時期と目的

並んだ家

住宅を建ててから時間が経ってくると外壁は劣化してきてしまいます。目安としては築10年と言われていますが、それよりも早く劣化してしまう場合もあります。そのため日頃から外壁の状態を確認して劣化している箇所が目に入ったら外壁塗装を検討していくようにしましょう。
外壁は普段太陽の日差し、雨、風などに触れて劣化してしまう事が多いです。そのため地域の気候によって外壁が劣化してしまう時期が変わってくる事も考えられます。特に雨が多い地域や強風が吹く地域などは外壁が劣化するのが早くなってしまうのでその辺りも頭に入れておきましょう。
外壁塗装をすると劣化していくのを遅らせる事が出来るので、住宅の寿命が長くなるというメリットがあります。外壁が劣化して雨漏りしてきそうな場合でも外壁を塗装する事によって防ぐ事が可能になります。また使用される塗料も年々進化しているので、汚れにくく剥がれにくい外壁塗装をする事が出来ます。
外壁塗装を検討する場合はまず複数の業者に見積りを依頼しましょう。外壁塗装の工事は業者によって値段、工事の質など違ってくるのでしっかり見極める必要があります。また複数の業者に見積りを依頼すれば費用の相場も分かるので適正に判断する事も出来ます。

TOP